縮毛矯正をかけた日の帰り道

ドライヤーで頭皮の湿気を完全除去
縮毛矯正をかけたその日の帰り道、その夜、そしてその次の日に気をつけること

矯正して、髪がサラッサラになって、うれし~って心弾ませての帰り道から、

何点か気を配った方がいいことがあります。

1つ目、毎日の習慣で髪を「耳にかけちゃう」こと。

無意識ですからね、自分ではぜんぜんわからない(笑)。

これは、美容室に行く前から注意書きでもして意識しておくしかありません。

2つ目は「」。

冬ならいざしらず、この時季はまだまだ暑いですからね、だまってたって汗かいちゃいます。

美容室の帰りがけにどこか寄って行こうなんてしないで、できる限りサッサとお家に帰りましょう。

そして、戻ったら間髪入れずに「汗を拭いて」、冷房をかけましょう。

扇風機があるなら、その間に陣取って頭皮の蒸れを解放しましょう。

暑さが少し落ち着いたら、軽くドライヤーで髪を整えるのもありです。できたら、最後は冷風もかけてあげてくださいね。

さてさて3つ目、「お風呂&洗顔」です。

湯船につかるは厳禁、シャワーだけでお願いします。この時の髪の扱いが問題です。

一番いいのは、なんといっても「シャワーキャップ」ですね。

ちょっと蒸れますけど、シャワーを短時間にすませて、再度 ドライヤーで整えなおしておければ問題ありません。

万が一、シャワーキャップがない場合は次のように….

前髪はご自分の髪の流れに沿わせるようにゆったり流して軽くピンで留めます。サイド、バックも ゆるく一束にして、髪に折れが出ないように

ダッカール等でゆったりとまとめます。意識して軽くゆったり留めてくださいね。

お風呂から上がったら、ドライヤーで整えなおすのはもちろんのことです。

お顔を洗う時も、慎重に、できるだけ髪を濡らさないように気をつけてください。特に「生え際」は大事ですから。

最後、4つ目、「寝るとき」。

心配なのは「寝癖」、いつも束ねている人も多そうですけど、結んで寝ちゃだめですよ! 跡がついちゃいますからね。

気をつけるのは「湿気」です。縮毛矯正した髪は、比較的 寝癖がつきにくいですけど、

これは保湿力がなくなっているからなんですね。

でも、せめて縮毛矯正後の2日間、夏の熱い時に限ってでかまいませんから 冷房をかけて寝てください。

2日間神経を配れたら、あとはもうパラダイスです(笑)。