正しいシャンプー<3>洗い方

正しいシャンプー・4つのポイント

3/4

シャンプータイムはマッサージタイム!

前項でも話しましたが、そもそも頭の洗い方、

とにかく「こすればいい」って思ってませんか?!

ここで少し、お顔を考えてみましょう。

お顔を洗う、マッサージする…..

どれだけの力で、どんな風に洗っていますか?

1度、頭皮を洗う前に、力加減を確かめてみましょう。

いつも通り、お顔に指をあてて、意識してその圧力を感じてください。

そうです。

「お顔の場合は、こんなにも優しく触れているんだ….」と、改めて気付くはずです。

・・・ですよね!

今あなたが頭を洗っているような力でお顔を洗ったら、大変です(笑)。

お顔の皮膚も、頭の皮膚も、なにが変わるわけではありません。

髪がはえているか、いないかだけ。

だから、頭皮だって、やさしく丁寧に洗ってください。

もちろん、髪も!

質の高いシャンプーの泡の弾力を利用しましょう。

かに泡を立てたら、その泡を利用して地肌にを滑らせます。

そして、指の腹を使って、頭皮をさすります。

髪は、たっぷりの泡とともに指を通すだけ、やさしく握るだけで、

しっかりキレイになります。

これまでの洗い方からすると、慣れるまでは物足りないかもしれませんが、

1週間、2週間、1ヶ月としていくうちに、これで十分と思えるようになってきます。

さて、ここで、マッサージの仕方、指の使い方をお教えしましょう。

手のひらを地肌に密着させて、ゆっくり押し回す

5本の指を、指立てふせをやるような形にして頭皮を揺さぶる

人差し指と中指の2本を「しっぺ」をする形にして、押し回す

この3通りの方法でマッサージするように洗えるといいですね。

頭皮の汚れを落とすのは、力ではなく、シャンプー剤の役目です。

繰り返しになりますが、シャンプーは、

頭皮をマッサージする、指の腹で頭皮を揺らすようにするだけでも十分なもの、

ごしごし洗いは髪も頭皮もつけます。

before <  1  2  3  4  > next