hyafluo-D (ヒアフロウ_ディー)

hd300
Caution! 美容サロン専用のプロ仕様のものを 特別にお分けするものですので、容器に詳細な記載事項はありません
ご了承頂ける方のみ、お申込みください。
使い方

①アクアフローでシャンプーした後、アミノフォース1:1の割合でミックス、塗布したら3分以上放置してからすすいでください。(ハリ・コシ・ダメージ回復)

②アクアフローでシャンプーした後、hyafluo-Dを塗布、1~3分放置後、すすいでください。(しなやかさ・手触り感の回復・維持)

強烈な補修効果が実感できます。

★使用量の目安★≪標準的なロングレングスの場合の1回量≫ Aminoforce 15g + hyafluo-D 15g =30g 

縮毛矯正シャンプー・アクアフロー<500ml>

500aqua2
エンハンスサイズ/500ml
ここがポイント!
■Aquaflow(アクアフロー・シャンプー) 【ph6.4】弱酸性主成分 ◇ポリグルタミン酸 ◇ポリクオタニウム51 

☆アクアフロー(シャンプー)の目的と効果

髪や頭皮の余分な油や汚れをしっかり洗浄する。 枝毛、切れ毛などのダメージを修復し補強する。 保湿力を徹底的に上げる。
結果、シャンプーだけでも違いがわかるほど、指通りのいい、しなやかで美しい髪へと導きます。 ※縮毛矯正した後の1週間は、2回洗いがおススメです。

1度だけの特別オファー・縮毛矯正毛専用トリートメント・ニュートリヴェール<500ml> ハイダメージ ケア 保湿 補修 補強

500ml_nutr
エンハンスサイズ/500ml 特設ページ
ここがポイント!
■Nutriveil(ニュートリヴェール・トリートメント) 【ph5.3】弱酸性

主成分 ◇加水分解ケラチン  ◇加水分解コラーゲン  ◇ポリグルタミン酸  ◇ポリクオタニウム51

 
☆ニュートリヴェール(デイリートリートメント)の目的と効果      アイロン、ドライヤーで熱処理された髪に必要な栄養補給。 

枝毛、切れ毛などのダメージを修復し補強する。 アミノ酸の働きで髪質を改善、指通り、指ざわりの感触アップ。
結果、アイロン、ドライヤーの熱から守り、髪にうるおいを与えます。
縮毛矯正やカラー、紫外線などのダメージ回復を図り、からみ・きしみのない、しなやかで風になびくイメージの、軽い仕上がり感になります。

髪極…縮毛矯正で硬くなった髪をやわらか・しなやかにするKAMI_KIWAMI 280gサイズ

katai_hoshitsu
縮毛矯正で硬くなった髪をやわらか・しなやかにするKAMI_KIWAMI 280gサイズ
縮毛矯正で硬くなった髪をやわらか・しなやかにするKAMI_KIWAMI280gサイズです。

シャンプー後、タオルドライした髪に適量つけてコーミングしたら、

いつもどおりにブローすると、

しなやかで、やわらかな質感の髪に仕上がります。

 90gサイズ

髪極90g…縮毛矯正で硬くなった髪をやわらか・しなやかにするKAMI_KIWAMI

katai_hogusu
縮毛矯正で硬くなった髪を柔らかにするKAMI_KIWAMI
縮毛矯正で硬くなった髪をやわらか・しなやかにするKAMI_KIWAMI90gサイズです。

シャンプー後、タオルドライした髪に適量つけてコーミングしたら、

いつもどおりにブローすると、

しなやかで、やわらかな質感の髪に仕上がります。

 お得な280gサイズ

sp7280 モニター特別1回限定割引 500mlセット 縮毛矯正シャンプーAquaflow 縮毛矯正 トリートメントNutriveil

500aqua_nutri_304_6
※ご案内から1週間以内だけ ご利用可能な特設ページです。
シークレットオファー
ここがポイント!
■Aquaflow(アクアフロー・シャンプー) 【ph6.4】弱酸性主成分 ◇ポリグルタミン酸 ◇ポリクオタニウム51  エンハンスサイズ/500ml

 アクアフロー(シャンプー)の目的と効果 

  • 髪や頭皮の余分な油や汚れをしっかり洗浄する。
  • 枝毛、切れ毛などのダメージを修復し補強する。
  • 保湿力を徹底的に上げる。
結果、シャンプーだけでも違いがわかるほど、指通りのいい、しなやかで美しい髪へと導きます。 ※縮毛矯正した後の1週間は、2回洗いがおススメです。
■Nutriveil(ニュートリヴェール・トリートメント) 【ph5.3】弱酸性 エンハンスサイズ/500ml

主成分 ◇加水分解ケラチン  ◇加水分解コラーゲン  ◇ポリグルタミン酸  ◇ポリクオタニウム51

 
 ニュートリヴェール(デイリートリートメント)の目的と効果 

  • アイロン、ドライヤーで熱処理された髪に必要な栄養補給。
  • 枝毛、切れ毛などのダメージを修復し補強する。
  • アミノ酸の働きで髪質を改善、指通り、指ざわりの感触アップ。
結果、アイロン、ドライヤーの熱から守り、髪にうるおいを与えます。
縮毛矯正やカラー、紫外線などのダメージ回復を図り、からみ・きしみのない、しなやかで風になびくイメージの、軽い仕上がり感になります。

500mlサイズセット 縮毛矯正シャンプーAquaflow 縮毛矯正 トリートメントNutriveil

500aqua_nutri
ここがポイント!
■Aquaflow(アクアフロー・シャンプー) 【ph6.4】弱酸性主成分 ◇ポリグルタミン酸 ◇ポリクオタニウム51  エンハンスサイズ/500ml

 アクアフロー(シャンプー)の目的と効果 

  • 髪や頭皮の余分な油や汚れをしっかり洗浄する。
  • 枝毛、切れ毛などのダメージを修復し補強する。
  • 保湿力を徹底的に上げる。
結果、シャンプーだけでも違いがわかるほど、指通りのいい、しなやかで美しい髪へと導きます。 ※縮毛矯正した後の1週間は、2回洗いがおススメです。
■Nutriveil(ニュートリヴェール・トリートメント) 【ph5.3】弱酸性 エンハンスサイズ/500ml

主成分 ◇加水分解ケラチン  ◇加水分解コラーゲン  ◇ポリグルタミン酸  ◇ポリクオタニウム51

 
 ニュートリヴェール(デイリートリートメント)の目的と効果 

  • アイロン、ドライヤーで熱処理された髪に必要な栄養補給。
  • 枝毛、切れ毛などのダメージを修復し補強する。
  • アミノ酸の働きで髪質を改善、指通り、指ざわりの感触アップ。
結果、アイロン、ドライヤーの熱から守り、髪にうるおいを与えます。
縮毛矯正やカラー、紫外線などのダメージ回復を図り、からみ・きしみのない、しなやかで風になびくイメージの、軽い仕上がり感になります。

縮毛矯正トリートメント・ニュートリヴェール<500ml>

500nutri
ここがポイント!
シャンプーはこちらから ↓

縮毛矯正毛ケア・リッチシャンプー

■Nutriveil(ニュートリヴェール・トリートメント) 【ph5.3】弱酸性 エンハンスサイズ/500ml

主成分 ◇加水分解ケラチン  ◇加水分解コラーゲン  ◇ポリグルタミン酸  ◇ポリクオタニウム51

 
☆ニュートリヴェール(デイリートリートメント)の目的と効果

  • アイロン、ドライヤーで熱処理された髪に必要な栄養補給。
  • 枝毛、切れ毛などのダメージを修復し補強する。
  • アミノ酸の働きで髪質を改善、指通り、指ざわりの感触アップ。
結果、アイロン、ドライヤーの熱から守り、髪にうるおいを与えます。
縮毛矯正やカラー、紫外線などのダメージ回復を図り、からみ・きしみのない、しなやかで風になびくイメージの、軽い仕上がり感になります。

縮毛矯正シャンプー・アクアフロー<500ml>

500aqua
ここがポイント!
トリートメントはこちらから ↓

縮毛矯正毛ケア・デイリートリートメント

■Aquaflow(アクアフロー・シャンプー) 【ph6.4】弱酸性主成分 ◇ポリグルタミン酸 ◇ポリクオタニウム51 エンハンスサイズ/500ml

☆アクアフロー(シャンプー)の目的と効果

  • 髪や頭皮の余分な油や汚れをしっかり洗浄する。
  • 枝毛、切れ毛などのダメージを修復し補強する。
  • 保湿力を徹底的に上げる。
結果、シャンプーだけでも違いがわかるほど、指通りのいい、しなやかで美しい髪へと導きます。 ※縮毛矯正した後の1週間は、2回洗いがおススメです。

縮毛矯正とカラーは一緒にできますか?

縮毛矯正とヘアカラー

縮毛矯正とヘアカラーのお話し

くせ毛の人の朝は大変ですよね。ドライヤーにも時間かかるし、アイロンもかけないといけない…

そんなわけで、皆さん縮毛矯正をかけるわけですが、

合わせてカラーもしたい、いや、白髪だから どうしても染めないといけない・・・となるわけです。

かといって、都度つど 日にちを作って美容室行くってこともできないし。。。

縮毛矯正とカラー、一緒にやるのはむりですか?・・・・・・

こんな感じの質問、けっこういただくんですよね。

一番先に考えておくこと

● 縮毛矯正やカラーが与える 髪へのダメージについて

通常、縮毛矯正剤やカラー剤には、「アルカリ」が入っています。

アルカリには、毛髪に浸透して働く成分を 内部に送り込むため、

髪を膨らませて通り道を広げる役目があるんですね。

アルカリの力で 毛表皮…いわゆるキューティクルを開けて、髪を膨らませるんですけど、

この、伸びたり縮んだりさせられることが 髪にとっての負担になるわけです。

もちろん、キューティクルがはがれたり、内部成分が変質したり、流れ出たりもしますからね。縮毛矯正とカラーを一緒にやるというのは、負担も倍増する…

ということです。パサつき度合いも ゴワつき度合いも大きくなりますし、ツヤもなくなってしまうわけで。。。。

しか~し・・・・

これは 前処理(プロテクト&プレトリートメント)も アフターケアも工夫せず、ごくごく平均的な縮毛矯正剤やカラー剤で施術した場合のこと、

これを、どうしたら 予想されるダメージを防ぎ、どうしたら 負担を抑えた縮毛矯正ができるのか、そして、どうしたら 施術後のダメージを手当てできるか、

随所に最善手を追及している美容室なら 同時施術も可能ではあります。

一緒にできないのには理由がある、その理由が見つかれば、うまくできちゃう方法も見つかるってことですね。

もう1つの考え方。

たとえば、使用するカラー剤を選ぶこと、

カラー剤は種類がたくさんあって、ダメージのないもの、いや、逆にダメージをケアするものさえありますからね。

酸性染料なんかは、色が鮮やかでツヤ感も素晴らしいです。

酸化染料、これ、酸性染料に似てますけど別物ですよ。酸化染料は 永久染毛剤になりますが、やっぱり、傷めないで染めることができます。

その他、香草カラーや、ヘナなんかもありますね。

こちらはダメージはないですけど ちょっと髪が硬くなっちゃいますから、サロントリートメントは必須でしょう。

これらのカラー剤の共通点は、「明るくできないこと」。つまり「ブリーチ力」がないんですね。

まぁ こんな風に、悪さをしないカラー剤、いや、一歩進んで トリートメント効果さえあるカラー剤もありますから、

そうしたカラー剤とのマッチングも 1つの選択肢たりえます。