お客様の声

お客様の声
ソルブはお客様の声をお待ちしてます。ご感想ご意見は、私たちの元気の源です。質問でもなんでもOK!。こちらの→ お客様の声フォーム  から、 お寄せください。
大きな感謝と、ステキ!なお礼つきです(smile!)。
2015/04/05
先日いただいたヘアビューザーへのご感想から、同様の問題でお困りのお客様へのヒントになるかと思いますので、4回に分けてお客さまとのやり取りを
掲載させていただきました。・・・その②

早速にお返事頂き、ありがとうございます。
教えていただいたように やってみます。
ただ 私も ちょっと表現が悪かったかもしれませんが、もちろん温風でテンションをかけながらある程度まで乾かして、次に温風と冷風を交互に当て、
最終 髪と顔に冷風を当てています。ガイドにも7割くらい乾かしたあと、冷風と記されていたので。
では、クセを出にくくするには温風でちゃんと乾かしてから冷風を当てればいいということでしょうか?
それと、もう一つ教えてください。
ヘアビューザーの風が温風の時には バイオプログラミングという機能は出ていない(なんか表現が変ですが…笑)のですか?
あれこれ聞いて すみません。
お手数ですが、教えてください。
私もまた報告させていただきます。
それとお礼が遅くなりましたが、くるりを試供分 お分け頂き、ありがとうございました。

店長からのメッセージ

その②へのご回答

ご連絡ありがとうございます。くせ毛のブローについて、少し補足させていただきますね。

縮毛矯正をかけた直後と、くせが出始めたときでは、ブローの仕方を少し変える必要があります。

まず、縮毛矯正施術直後から、まだ根元のくせが気にならない期間、人によって異なりますが、2か月程度でしょうか、
その間のブローは比較的、楽ですよね。どんなふうにブローしても、何とかまとまるでしょう。

◆縮毛矯正施術直後から、まだ根元のくせが気にならない期間のブロー
①80%~90%程度、温風でフィンガーブローします。この時、髪の根元をよ~く振って乾かすことが大事です。
※ご注意・・・・・濡れているうちに縮毛矯正がかかった髪にテンションをかけるとダメージが進むためです。
縮毛矯正の効いている髪は8割がた乾かした後からブラシを使っても、キレイにブローが効きますし、時間も短縮できて効率的です。
また、乾いてきた髪は、髪の強度も増して、テンションをかけても傷みにくくなります。

②1度ドライヤーを置いて、ブラシで全体をとかします。

③その後、いつもお使いのブラシで普通にブローします。

④ブローが一通り終わったら、冷風でトリートメントします。


根元からくせが出始めたら、以下の事に気を使ってみてください。

◆根元のくせが気になりはじめてからのブロー
①50%~60%程度、温風で毛先を中心にフィンガーブローします。
※ご注意・・・・・この段階では根元は乾かしません。くせ毛は、乾いてしまうと伸びなくなってしまうからです。

②1度ドライヤーを置いて、ブラシで全体をとかします。

③まだ水分量の多い段階から、温風でブラシを使ってブローします。
※ご注意・・・・・ただし、濡れている感じがあるうちはあまりテンションを入れないようにしてください。だんだん乾いてくるに従ってテンションを
しっかりかけます。

④ブローが一通り終わったら、冷風でトリートメントします。

以上、ちょっとしたコツですが、いつもと違うのを感じていただけると思います。

また、
今度機会がありましたら、
洗い流さないトリートメント<ニュイ>も試してみてください。くせ毛が出始めてからの髪の質感アップにはとても効果がわかって素晴らしいです。
https://syukumoukyousei-shampoo.com/?p=993


最後に、もう1ついただいたご質問、
「ヘアビューザーの風が温風の時には バイオプログラミングという機能は出ていない(なんか表現が変ですが…笑)のですか?」

A,温風時もしっかりでています。至近距離からの風が効果的なので、冷風でということになります。

それではよろしくお願いします。また何かありましたら、遠慮なくいつでもなんでもお知らせください。

とりいそぎ
縮毛矯正シャンプー.com 長谷川